芸能人・経営者のおくやみ情報

徳川光友

尾張藩主、剣術家[日本]

(元禄13年10月16日没)

1700年 11月26日 死去享年76歳

徳川光友 - ウィキペディアより引用

徳川 光友(とくがわ みつとも、寛永2年7月29日(1625年8月31日) - 元禄13年10月16日(1700年11月26日))は、尾張藩の第2代藩主。
新陰流第6世。
初名は徳川光義(みつよし)で、こちらを名乗った期間の方が長い。
初代藩主・徳川義直の長男。
母は吉田甚兵衛の姉・歓喜院。
正室は徳川家光の娘・霊仙院(千代姫)。
側室は丹羽光重の娘、樋口氏、村尾氏、飯尾氏など11人。
子に徳川綱誠(長男、初名は綱義)、松平義行(次男、四谷松平家祖)、松平義昌(実は長男だが側室の生により三男扱い、大久保松平家祖)、松平康永(四男、翁助・友久・図書で家臣松平康久養子)、松平友重(六男、六郎)、松平友著(十男、大蔵・但馬守友親、川田久保松平家祖)、貴姫(三女、浅野綱長正室)、直姫(徳川家綱養女)らがいる。

日本の江戸時代前期の大名。尾張藩2代藩主。徳川義直の子。 剣術などの武芸の他、茶道、唐楽、書など諸芸に優れた人物だった。 (引用元 Hatena Keyword)