芸能人・経営者のおくやみ情報

レオシュ・ヤナーチェクLeoš Janáček

作曲家[チェコスロバキア]

1928年 8月12日 死去肺炎享年75歳

レオシュ・ヤナーチェク - ウィキペディアより引用
レオシュ・ヤナーチェク(チェコ語: Leoš Janáček [ˈlɛoʃ ˈjanaːt͡ʃɛk] Cs-Leos_Janacek.ogg 発音, 1854年7月3日 - 1928年8月12日)は、モラヴィア(現在のチェコ東部)出身の作曲家。
モラヴィア地方の民族音楽研究から生み出された、発話旋律または旋律曲線と呼ばれる旋律を着想の材料とし、オペラをはじめ管弦楽曲、室内楽曲、ピアノ曲、合唱曲に多くの作品を残した。
そのオペラ作品は死後、1950年代にオーストラリアの指揮者チャールズ・マッケラスの尽力により中部ヨーロッパの外に出、1970年代以降広く世に知られるようになった。
生涯 少年時代(1854年 - 1868年) 1854年7月3日、モラヴィア北部のフクヴァルディ という村で、父イルジーと母アマリアの10番目の子供(14人兄弟)として誕生した。