芸能人・経営者のおくやみ情報

中野重治 氏(なかのしげはる)

作家[日本]

1979年 8月24日 死去胆嚢がん享年78歳

中野重治 - ウィキペディアより引用

中野 重治(なかの しげはる、1902年(明治35年)1月25日 - 1979年(昭和54年)8月24日)は、日本の小説家、詩人、評論家、政治家。
福井県坂井市出身。
東京帝国大学文学部独文科卒。
四高時代に窪川鶴次郎らを知り、短歌や詩や小説を発表するようになる。
東大入学後、窪川、堀辰雄らと『驢馬』を創刊、一方でマルクス主義やプロレタリア文学運動に参加し、「ナップ」や「コップ」を結成。
この間に多くの作品を発表した。
1931年に日本共産党に入ったが、検挙され1934年に転向する。
戦後再び日本共産党に入り、また『新日本文学』の創刊に加わった。
平野謙、荒正人らと「政治と文学論争」を引き起こし、戦後文学を確立させた。
1947年から50年まで参議院議員を務める。
しかし1964年には日本共産党と政治理論で対立をして除名された。
神山茂夫とともに『日本共産党批判』を出版している。
代表作に小説『歌のわかれ』『むらぎも』『梨の花』『甲乙丙丁』、評論『斎藤茂吉ノオト』、詩集『中野重治詩集』など。

なかのしげはる [生]1902.1.25.福井,高椋[没]1979.8.24.東京小説家,評論家,詩人。第四高等学校を経て1927年東京大学独文科卒業。在学中から室生犀星の影響を受けて短歌や詩への関心を深め,また,林房雄らとの交友によりマルクス主義に近づいた。26年堀辰雄,窪川鶴次郎らと詩誌『驢馬(ろば)』を創刊,『夜明け前のさよなら』(1926),『歌』(26)などを発表。28年ナップに参加,検挙投獄,転向,執筆禁止などを経て,第2次世界大戦後は民主主義文学者の結集に努力,新日本文学会の発起人となった。47~50年日本共産党の参議院議員。64年党の方針と対立して除名された。『中野重治詩集』(35),小説『歌のわかれ』(39),『むらぎも』(54),『甲乙丙丁』(65~69),評論『斎藤茂吉ノオト』(40~41)がある。 (引用元 コトバンク)