芸能人・経営者のおくやみ情報

フランソワ=ルネ・ド・シャトーブリアンFrançois-René de Chateaubriand

政治家作家[フランス]

1848年 7月4日 死去享年81歳

フランソワ=ルネ・ド・シャトーブリアン - ウィキペディアより引用
フランソワ=ルネ・ド・シャトーブリアン(シャトブリアン、François-René de Chateaubriand 発音例、1768年9月4日 - 1848年7月4日)は、フランス・ウィーン体制下の政治家で、作家としても知られる。
プロフィール 代表作は『アタラ』『ルネ』など。
フランス・ロマン主義の二大先駆者の1人である。
コンブール伯爵ルネ=オギュストの子として、ブルターニュのサン・マロに生まれた。
父ルネ=オギュストは戦時には私掠船の船長であるが、平和な時期にはタラ漁や奴隷貿易に従事して商人として成功を収めていた。
フランソワ=ルネは彼の10番目の子であった。
兄弟4人は幼くして死んでいる。
幼いフランソワ=ルネは両親から離れて暮らさねばならず、母方の祖母ベデ夫人のもとで育った。
彼が3歳の時に父がコンブール城を購入したため、1777年から城に移り住んだ。
彼はドル=ド=ブルターニュ、レンヌ、ディナンの各コレージュで学び、第5歩兵連隊に17歳で入隊した。
父の死により退役、1788年にパリに出て多くの文人と知り合った。