芸能人・経営者のおくやみ情報

三浦道寸(みうらどうすん)

武将[日本]

(諱・義同、永正13年7月11日没)

(ユリウス暦) 1516年 8月19日 死去討死享年歳

三浦道寸 - ウィキペディアより引用

『三浦義同』より : 三浦 義同(みうら よしあつ)は、戦国時代初期の武将。
東相模の小大名。
一般的には出家後の「三浦道寸」の名で呼ばれることが多い。
北条早雲の最大の敵であり、平安時代から続いた豪族・相模三浦氏の事実上の最後の当主である。
生涯 三浦氏の内紛 扇谷上杉家から、新井城(三崎城とも)主・三浦時高の養子に入る(先に義同の実父・上杉高救が時高の養子であったとする説もある)。
しかし、時高に実子・高教が生まれたため不和となり、初め山内上杉家の上杉顕定次いで祖父・大森氏頼を頼ったが、大森氏領内の足柄下郡の総世寺で出家して道寸と号す(一説には義同の実父・高救とその実兄で扇谷上杉家を継承した定正との不和によって、定正に忠誠を誓っていた時高が義同を実家に送り返したとする説もある)。