芸能人・経営者のおくやみ情報

アルマ・グルックAlma Gluck

声楽家・ソプラノ歌手[ルーマニア→アメリカ]

1938年 10月27日 死去肝不全享年55歳

アルマ・グルック - ウィキペディアより引用

アルマ・グルック(Alma Gluck、1884年5月11日 - 1938年10月27日)は、ルーマニア出身のソプラノ歌手。
ユダヤ系。
ドイツで活動した後、アメリカ合衆国に移住、オペラ歌手として華々しい成功をとげた。
レオポルト・アウアー門下の名ヴァイオリニストエフレム・ジンバリストと結婚し、2児をもうけ、内臓疾患により急逝するまで穏やかな家庭生活を築いた。
息子エフレム・ジンバリスト・ジュニアはアメリカ国内では有名なテレビ俳優で、孫ステファニーは世界的に人気の美人女優となった。
グルックはルーマニアのブカレストで、ユダヤ人の家族の下で生まれた。
グルックは若い頃にアメリカ合衆国へ移り住み、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場で最初の成功を掴み、レコーディング・アーティストとしてアメリカ内を広く演奏会を開いた。
グルックが録音したレコード「なつかしのヴァージニア」(Carry Me Back to Old Virginny) は、クラシック音楽家としては初めてとなる 100万枚以上のセールスを記録した。

「アルマ・グルック」と関連する人物(故人)