訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

轟夕起子 氏(とどろきゆきこ)

女優[日本]

1967年 5月11日 死去閉塞性黄疸享年51歳

轟夕起子 - ウィキペディアより引用
轟 夕起子(とどろき ゆきこ、大正6年(1917年)9月11日 - 昭和42年(1967年)5月11日)は日本の女優。
本名は西山 都留子(にしやま つるこ)。
芸名は「轟夕紀子」とも。
宝塚少女歌劇団の娘役としても活躍。
宝塚歌劇団時代の愛称は本名の都留子より、トルコ。
東京府東京市麻布区新堀町に生まれる。
昭和6年(1931年)に京都府立第二高等女学校を中退後に宝塚音楽歌劇学校に入学して、宝塚少女歌劇団に入団。
宝塚歌劇団21期生。
作曲家の山田耕作が名付け親となって、娘役として活躍する。
同期生に初代・糸井しだれ、水間扶美子(退団後は服部富子)、打吹美砂(入団時は打吹たもと)らがいる。
日本的な美しさが人気を集めて、主演娘役となる。
昭和12年(1937年)、日活が映画『宮本武蔵 地の巻』(尾崎純監督)の主演女優選びに難航。
プロデューサーを務めた稲垣浩はタカラジェンヌから選ぶこととして、轟に着目した。
宝塚少女歌劇団を退団させて、お通役で映画デビューさせた。
この電撃的な引き抜きは世間を驚かせ、大事件となった。
同年10月、日活映画『江戸の荒鷲』の撮影中に失明騒ぎを起こしたことがきっかけで、監督のマキノ正博と懇意となる。