芸能人・経営者のおくやみ情報

加古里子 氏(かこさとし)

児童文学作家[日本]

(本名は・中島哲)

2018年 5月2日 死去享年93歳

加古里子 - ウィキペディアより引用

加古 里子(かこ さとし、1926年3月31日 - )は、日本の絵本作家、児童文学者。
工学博士、技術士(化学)。
本名は、中島 哲(なかじま さとし)。
ペンネームの「里子」は俳号。
かこさとし名義でも活動している。
人物・来歴 現在の福井県越前市に生まれ、8歳より東京都板橋区に育つ。
成蹊高等学校 (旧制)から、東京大学工学部応用化学科に学ぶ。
成蹊高校時代の教師に中村草田男がいた。
卒業後、昭和電工に入社。
研究所勤務を続けるかたわら、川崎市などでセツルメント活動や、児童向け人形劇、紙芝居などの活動を行う。
最初に手がけた絵本は、ダムがどのように人々の生活に役立っているかを示した『だむのおじさんたち』(1959年)。
1973年、47歳で昭和電工を退社した後はフリーで多作な活動を続けている。
『だるまちゃんとてんぐちゃん』(1967年)に代表される「だるまちゃん」シリーズなどのユーモラスな絵本から、『かわ』(1966年)、『たいふう』(1967年)などのいわゆる科学絵本に至るまで、幅広い作風を誇る。

絵本作家。 漢字で書くと「加古里子」。 1926年3月31日、福井県南条郡武生町(現・越前市)に生まれ、8歳から東京都板橋区に住む。 東京大学工学部応用化学科に学ぶとともに、演劇研究会に所属。 1948年大学卒業後は、昭和電工研究所に勤務のかたわら、セツルメント活動に従事。 子ども会で数多くの紙芝居、幻灯などの作品を作る。1959年『だむのおじさんたち』(福音館書店)を発表し、絵本作家としての道に進む。 1973年に昭和電工を退社後、科学技術と教育文化にわたるコンサルタントとして独立し、出版・放送の分野で幅広く活動。 作品数は約500点におよび、その分野は自然科学、社会、歴史、文学、芸術と多岐にわたっている。工学博士。 大人気の「だるまちゃん」シリーズをはじめ、『とこちゃんはどこ』、『どろぼうがっこう』、『からすのパンやさん』などのお話絵本のほか、『かわ』、『海』、『地球』、『宇宙』、『人間』など大型科学絵本を刊行。 1990年に刊行された『ピラミッド―その歴史と科学』は日本科学読み物賞を受賞した。 2008年、第56回菊池寛賞受賞。受賞理由は「絵本作家、児童文学者としてのユニークな活動と、子供の遊びについての資料集成『伝承遊び考』全4巻の完成」。 神奈川県藤沢市在住。 2018年5月2日死去。享年92。 (引用元 Hatena Keyword)

「加古里子」と関連する人物(故人)