芸能人・経営者のおくやみ情報

寺島宗則(てらしまむねのり)

幕臣、政治家、参議、外務卿、伯爵[日本]

1893年 6月6日 死去享年62歳

寺島宗則 - ウィキペディアより引用
寺島 宗則(てらしま むねのり、1832年6月21日(天保3年5月23日)- 1893年(明治26年)6月6日)は、日本の政治家。
爵位は伯爵。
元は松木弘安(まつき こうあん)。
通称は寺島改姓後に陶蔵と名乗った。
日本の電気通信の父と呼ばれる。
第4代外務卿として活躍した。
来歴・人物 天保3年(1832年)、薩摩国出水郡出水郷脇本村字槝之浦(現・阿久根市脇本字槝之浦)の郷士・長野成宗の次男として生まれる(幼名徳太郎、後に藤太郎)。
5歳のとき、跡継ぎがいなかった伯父で蘭方医の松木宗保の養嗣子となり、長崎で蘭学を学ぶ。
弘化2年(1845年)、江戸に赴き伊東玄朴、川本幸民より蘭学を学び、安政2年(1855年)より中津藩江戸藩邸の蘭学塾(慶應義塾の前身)に出講する。
安政3年(1856年)、蕃書調所教授手伝となった後、帰郷し薩摩藩主・島津斉彬の侍医となったが、再度江戸へ出て蕃書調所に復帰した。
蕃書調所で蘭学を教える傍ら、安政4年(1857年)から英語を独学しはじめ、安政5年(1858年)に横浜で貿易実務に関わったことをきっかけに、翌安政6年(1859年)から本格的に英語を学ぶ。
  • 題名
    寺島宗則 (人物叢書)
    著者
    犬塚孝明
    発売元
    吉川弘文館
    発売日
    1990-10
    新品価格
    ¥ 7,208 より
    中古商品
    ¥ 3,063 より
  • 題名
    寺島宗則―日本電気通信の父
    著者
    高橋善七
    発売元
    国書刊行会
    発売日
    1989-12-01
    新品価格
    ¥ 2,621 より
    中古商品
    ¥ 1,800 より
  • 題名
    財政弁偽
    著者
    寺島宗則
    発売元
    三宅宅三
    発売日
    1882
    新品価格
    より
    中古商品
    より
  • 題名
    民富邇言
    著者
    寺島宗則
    発売元
    庚寅新誌社
    発売日
    1892
    新品価格
    より
    中古商品
    より
  • 題名
    日本外交史人物叢書 (第11巻)
    著者
    吉村道男
    発売元
    ゆまに書房
    発売日
    2003-01
    新品価格
    より
    中古商品
    より