芸能人・経営者のおくやみ情報

徳川家斉(とくがわいえなり)

第11代江戸幕府将軍[日本]

(天保12年閏1月7日没)

1841年 2月27日 死去享年69歳

徳川家斉 - ウィキペディアより引用

徳川 家斉(とくがわ いえなり)は、江戸幕府の第11代征夷大将軍(在任:1787年 - 1837年)。
御三卿一橋家の第2代当主徳川治済の長男。
母は側室のお富の方。
生涯 第11代将軍就任 安永2年(1773年)10月5日、御三卿の一つ、一橋家の当主一橋治済の長男として生まれる。
乳母は大崎局。
安永8年(1779年)に第10代将軍・徳川家治の世嗣である徳川家基の急死後、父と田沼意次の後継工作、並びに家治に他に男子がおらず、また家治の弟である清水重好も病弱で子供がいなかったことから、天明元年(1781年)閏5月に家治の養子になり、江戸城西の丸に入って家斉と称した。
天明6年(1786年)家治(50歳)の急死を受け、天明7年(1787年)に15歳で第11代将軍に就任した。
寛政の改革 将軍に就任すると、家治時代に権勢を振るった田沼意次を罷免し、代わって徳川御三家から推挙された陸奥白河藩主で名君の誉れ高かった松平定信を老中首座に任命した。

第10代第11代第12代 徳川家治徳川家斉徳川家慶 徳川第11代将軍。第8代将軍徳川吉宗の曾孫。 松平定信を老中に登用、寛政の改革を行う。 (引用元 Hatena Keyword)