芸能人・経営者のおくやみ情報

黒田斉隆(くろだなりたか)

筑前福岡藩主[日本]

(寛政7年6月23日没)

1795年 8月7日 死去享年19歳

黒田斉隆 - ウィキペディアより引用

黒田 斉隆(くろだ なりたか)は、江戸時代後期の大名。
筑前国福岡藩第9代藩主。
生涯 安永6年(1777年)9月21日、江戸城内一橋邸にて生まれる。
一橋徳川家2代当主・徳川治済の三男で、母は側室・お富の方。
第11代将軍徳川家斉は実兄で同母。
福岡藩第7代藩主黒田治之の甥に当たる。
幼名は、雅之助 。
天明2年(1782年)12月19日、福岡藩主黒田治高の末期養子として僅か5歳で福岡藩黒田家の家督を相続する。
のちに実兄、家斉から偏諱を授かり、諱名を斉隆とした。
父の治済は将軍実父として、幕府内において隠然たる大きな影響力を持っており、先代の治高が死去前に養子として指名していた事や弟の先々代治之との繋がりから両家の重臣と話合いを持ち、息子の三男、雅之助(後の斉隆)を幼いまま、福岡藩黒田氏の養子に入れた。
斉隆は若くして死去したため正室はいないが、側室の真妙院との間に、第10代藩主・斉清がいる。
幼い頃より文学に嗜み、儒学を好んだ。
側室・駒子(真妙院)の養父、福岡藩士で儒学者の渡辺忠蔵は藩が警護していた長崎にて平賀源内と問答をしている記録が残る。