芸能人・経営者のおくやみ情報

エドマンド・バークEdmund Burke

哲学者政治家[アイルランド]

1797年 7月9日 死去享年69歳

エドマンド・バーク - ウィキペディアより引用

エドマンド・バーク(英: Edmund Burke、1729年1月12日 - 1797年7月9日)は、アイルランド生まれのイギリスの政治思想家、哲学者、政治家。
「保守主義の父」として知られる。
ダブリンで富裕なアイルランド国教会信徒の家庭に生まれ、イギリス下院議員(1765年 - 1794年)を務めた。
トーリー党(後の保守党)に対するホイッグ党(後の自由党)の幹部を務めたため、バークを保守主義者ではなく自由主義者に分類する説もある。
美学でデビューした哲学者。
アメリカ独立革命運動を支持した一方、その後のフランス革命には反対した。
反フランス革命の立場をとったので、彼はホイッグ党の保守派派閥の中で率役者となった。
彼はこれを「旧ホイッグ」と呼び、チャーリー・ジェームズ率いるフランス革命支持派の「新ホイッグ」に反対した。
主著は1790年の『フランス革命の省察』(原題:Reflections on the Revolution in France)であり、この本は保守主義のバイブルとされる。

(「エドモンド・バーク」「バーク」とも。)    1729~1797。 イギリスの思想家・政治家。 保守主義の代表的存在。   (引用元 Hatena Keyword)