芸能人・経営者のおくやみ情報

片平晋作 氏(かたひらしんさく)

プロ野球選手、指導者[日本]

(元西武2軍監督)

2018年 1月22日 死去膵臓がん享年70歳

片平 晋作(かたひら しんさく、本名:片平 伸作(読み同じ)、1949年8月5日 - )は、大阪府大阪市港区出身のプロ野球選手(外野手、内野手)・コーチ・監督、解説者。
来歴・人物 上宮高等学校2年時から王貞治に憧れて一本足打法を始め、卒業後は東京農業大学に進学。
東都大学リーグでは二部リーグに留まったが、大型の左打者として評価が高く、1971年のドラフト4位で南海ホークスに入団。
184cmの長身で「ダンディー」というニックネームがつく。
1年目の1972年は古葉竹織二軍守備・走塁コーチから指導を受け、同年10月15日の近鉄戦(藤井寺)で初出場。
2年目の1973年に頭角を現し、シーズン後半には六番・左翼手に抜擢される。
翌1974年から登録名を片平 晋作に、背番号も22から25に変えると、王そっくりの一本足打法で一躍有名になる。
一本足打法だけでなく、ユニフォームの着こなしまでそっくりそのまま真似していた。
王本人が気温が高くなる時期にアンダーシャツを長袖から半袖に変えると、片平自身も一日の狂い無く半袖に変えていたくらいであった。

1970〜1980年代のプロ野球選手。旧名「伸作」。 左投左打、ポジションは一塁手・指名打者。背番号は22→25→4→2番。 1949年8月5日、生まれ。大阪府出身。 上宮高等学校から東京農業大学に進む。 1972年、ドラフト4位で南海ホークスに入団。 1974年、「晋作」に登録名を変更。一軍に定着。 1979年、打率.329で打撃成績5位となる。 1982年、山下律夫・山村善則との2対2の交換トレードで、黒田正宏と共に西武ライオンズに移籍。一塁手として定着し、リーグ優勝・日本一に貢献した。一本足打法から繰り広げられる打撃を見せ活躍、西武ライオンズの黄金時代を支えた。 1986年、清原和博の台頭により出場機会が減少。 1987年、広瀬新太郎との2対1の交換トレードで、永射保と共に横浜大洋ホエールズに移籍。左の代打の切り札として活躍した。 1989年、コーチ兼任となる。同年、現役引退。 1990年、西武ライオンズに一軍打撃コーチとして復帰。 1995年から1997年まで西武ライオンズ二軍監督。1998年から2007年まで編成部長。2008年から2009年まで西武ライオンズ二軍監督を歴任。 2018年1月22日、死去。 (引用元 Hatena Keyword)

「片平晋作」と関連する人物(故人)