芸能人・経営者のおくやみ情報

島津忠重 氏(しまづただしげ)

海軍少将、公爵[日本]

(島津氏30代当主)

1968年 4月9日 死去享年83歳

島津忠重 - ウィキペディアより引用
島津 忠重(しまづ ただしげ、1886年(明治19年)10月20日 - 1968年(昭和43年)4月9日)は、日本の海軍軍人、貴族院議員。
島津氏30代当主。
島津忠義の四男であるが、兄たちの早世によりその嫡男(跡取り)となる。
海軍少将正二位勲一等公爵。
神号は「島津忠重命」。
幼名は秀丸。
姉は邦彦王妃俔子で、香淳皇后の叔父でもある。
生涯 仙巌園で生まれ、幼少時代を過ごし、島津家庭尋常小学校(忠重とその兄弟が通うための学校)に通う。
1898年(明治31年)2月11日、父忠義の死去により家督を相続し、公爵を授けられる。
ほどなく鹿児島より上京し、学習院に編入学する。
また、英国人女性家庭教師エセル・ハワードに忠備ら4人の弟とともに教育を受ける。
1901年(明治34年)6月2日、東京芝区袖ヶ崎公爵島津邸において、贈正一位島津斉彬公祭典を主催する。
1901年(明治34年)7月、全国第7番目の高等学校の鹿児島誘致を支援し、「造士館」の館号を受け継いだ「第七高等学校造士館」(七高)が開学(鹿児島大学の前身)。