訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

有馬新七(ありましんしち)

薩摩藩士[日本]

(「寺田屋事件」で討死、文久2年4月23日没)

1862年 5月21日 死去討死享年38歳

有馬新七(ありま しんしち、文政8年11月4日(1825年12月13日) - 文久2年4月23日(1862年5月21日))は、日本の武士(薩摩藩士)、学者。
位階勲等は贈従四位。
諱は正義。
号は武麿、植鈴子。
真影流(直心影流)と崎門学派を学び文武両道の俊傑とうたわれた。
憂国の詩文は孝明天皇の乙夜の覧に供されたとされる。
薩摩藩伊集院郷の郷士・坂木四郎兵衛の子として薩摩国日置郡伊集院郷古城村(現在の日置市伊集院町古城)で生まれるが、父が城下士の有馬家の養子となったため、新七もそのまま城下士となり、鹿児島城下の加治屋町に移住した。
同じく薩摩藩伊集院郷の郷士坂木六郎は叔父にあたり、達人として有名であった六郎から幼少期から神影流を伝授された。
天保9年(1838年)、十四歳の元服の頃より、『 靖献遺言 』 を 研究し、崎門学派の学を修める。
天保14年(1843年)より江戸で学ぶ。
山崎闇斎派の儒学者山口管山の門下。
安政4年(1857年)には薩摩藩邸学問所教授に就任。
文久元年(1861年)造士館訓導師に昇進。
尊皇攘夷派の志士達と多く交流して水戸藩とともに井伊直弼暗殺(桜田門外の変)を謀ったが、自藩の同意を得られなかったため手を退き、結果的に水戸藩を裏切る形となった。
題名
寺田屋異聞 有馬新七、富士に立つ
著者
千草子
発売元
東海教育研究所
発売日
2015-09-01
新品価格
¥ 2,484 より
中古商品
¥ 245 より
題名
国士有馬新七 (1970年)
著者
町田敬二
発売元
謙光社
発売日
1970
新品価格
より
中古商品
¥ 659 より
題名
有馬新七先生伝記及遺稿 (1931年)
著者
渡辺盛衛
発売元
海外社
発売日
1931
新品価格
より
中古商品
¥ 4,500 より
題名
有馬新七 (1944年)
著者
発売元
錦城出版社
発売日
1944
新品価格
より
中古商品
¥ 1,000 より
題名
靖献遺言 (せいけんいげん)
著者
発売元
晋遊舎
発売日
2016-07-15
新品価格
¥ 1,944 より
中古商品
¥ 1,636 より
題名
季刊 日本主義 No.38 2017年夏号 特集・戊辰 明治維新150年
著者
梶原英之
発売元
白陽社
発売日
2017-06-26
新品価格
¥ 1,080 より
中古商品
¥ 1,188 より
題名
季刊 日本主義 No.37 2017年春号 特集・明治維新150年――「北の維新」再考
著者
笠井尚
発売元
白陽社
発売日
2017-03-25
新品価格
¥ 1,080 より
中古商品
¥ 1,188 より
題名
季刊 日本主義 No.36 2016年冬号 特集・戊辰150年――討幕維新の真実
著者
梶原英之
発売元
白陽社
発売日
2016-12-27
新品価格
¥ 1,080 より
中古商品
¥ 400 より
題名
都日記
著者
有馬新七
発売元
珍書頒布会
発売日
1915
新品価格
より
中古商品
より
題名
都日記
著者
有馬新七
発売元
大浦兼七
発売日
1902
新品価格
より
中古商品
より

↑ PAGE TOP