訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

島津斉宣(しまづなりのぶ)

薩摩藩主[日本]

(天保12年10月24日没)

1841年 12月6日 死去享年68歳

島津斉宣 - ウィキペディアより引用
島津 斉宣(しまづ なりのぶ)は、江戸時代後期の島津氏第26代当主。
薩摩藩の第9代藩主。
天璋院(篤姫)の祖父にあたる。
生涯 安永2年12月6日、第8代藩主・島津重豪の長男として江戸で生まれる。
母は中納言堤代長の娘。
天明7年(1787年)1月、父・重豪の隠居により、家督を継いで第9代藩主となった(同時に将軍徳川家斉(正室が姉の広大院であり義兄にあたる)より偏諱を賜り、初名の忠堯(ただたか)から斉宣に改名する)。
しかし実権は父・重豪に掌握されていた。
文化2年(1805年)12月には『亀鶴問答』を著し藩政改革の方針を示したが、父・重豪との主導権争いが激化し、さらに薩摩藩の財政改革問題などから内紛(近思録崩れ)が起こる。
これにより文化6年(1809年)6月、斉宣は重豪より近思録崩れの責任を問われ、長男の斉興に家督を譲らされて強制隠居させられた。
天保12年(1841年)10月、江戸の薩摩藩下屋敷にて死去。
享年69。
国学で有名な高山彦九郎と親交があった。
江戸に重豪、斉宣の2人の隠居を抱える薩摩藩の出費は莫大なもので、斉宣は経費が少なくて済む薩摩での隠居を度々幕府に願い出たが却下される。
題名
鹿児島県史料〈島津斉宣・斉興公史料〉 (1985年)
著者
発売元
鹿児島県
発売日
1985-01
新品価格
より
中古商品
¥ 9,000 より

↑ PAGE TOP