芸能人・経営者のおくやみ情報

島津重豪(しまづしげひで)

薩摩藩主[日本]

(藩の改革を推し進めるが財政は悪化した、天保4年1月15日没)

1833年 3月6日 死去享年89歳

島津重豪 - ウィキペディアより引用

島津 重豪(しまづ しげひで)は、江戸時代後期の大名。
島津氏第25代当主で、薩摩藩の第8代藩主。
いわゆる「蘭癖大名」のひとりとされる。
生涯 延享2年(1745年)11月、島津重年の長男として生まれた。
母の都美は善次郎出産後に、産後の肥立ちが悪く、出産した日に19歳で死去する。
当初父が藩主になったため空席となった加治木島津家を継ぎ、宝暦3年(1753年)12月、諱を久方(ひさかた、通称は兵庫)とする。
父の病弱に加え、翌年2月2日に重年の正室於村が死去し本家で嗣子誕生が望めなくなったため、同8月に重年の嗣子として本家に迎えられ、忠洪(ただひろ、通称は又三郎)に改名。
宝暦5年(1755年)6月、父・重年が死去したため、11歳で家督を継いだ。
加治木島津家はこの後、知覧島津家(佐多氏嫡家)当主の島津久峰の長男で重豪の従兄弟島津久徴が名跡継承するまでの19年間、当主不在となる。
宝暦8年(1758年)6月、父と同じく将軍徳川家重の偏諱を賜って元服し重豪に改名、従四位下左近衛権少将兼薩摩守に叙任される。