訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

和晃敏郎 氏(かつひかりとしお)

相撲力士[日本]

(本名・杉浦敏朗、最高位は東前頭筆頭)

2018年 1月1日 死去胆管がん享年77歳

和晃 敏郎(かつひかり としお、1942年8月9日-)は、愛知県蒲郡市出身の元大相撲力士。
1950年後半から1970年代前半にかけて、伊勢ヶ濱部屋(入門時は荒磯部屋)所属。
本名は杉浦 敏朗(すぎうら としお)。
現役時代の体格は186cm、112kg。
得意手は左四つ、寄り、上手投げ。
最高位は東前頭筆頭(1970年9月場所)。

蒲郡中学校では後の横綱・玉の海正洋 玉の海の一年先輩に当たり、相撲部で主将を務めていた。
その後進学した愛知県立蒲郡高等学校 県立蒲郡高校を1年生途中で中退し、荒磯部屋(後、伊勢ヶ濱部屋に改称)に入門。
1958年11月場所で初土俵を踏んだ。
初土俵の同期には、後の前頭・栃王山峰啓 栃王山らがいる。

以来、着実に番付を上げてゆき、1965年5月場所で十両へ昇進した。
だが、軽量と生来の気の弱さが災いし、その後十両下位と幕下を往復する生活が3年以上続いた。
しかし、徐々に十両でも成績が残せるようになり1969年9月場所、27歳で新入幕を果たした。