芸能人・経営者のおくやみ情報

調所広郷(ずしょひろさと)

薩摩藩士、家老[日本]

(通称・笑左衛門、薩摩藩の財政立て直しに成功するも、島津斉彬らの計略により最期は非業の死を遂げる、嘉永元年12月19日没)

1849年 1月13日 死去享年74歳

調所広郷 - ウィキペディアより引用
調所 広郷(ずしょ ひろさと、安永5年2月5日(1776年3月24日) - 嘉永元年12月19日(1849年1月13日))は、江戸時代後期の薩摩藩の家老。
諱ははじめ恒篤、後に広郷(廣郷)。
通称は清八、友治、笑悦、笑左衛門。
当時の呼称は調所笑左衛門が一般的。
生涯 城下士・川崎主右衛門基明(兼高)の息子として生まれ、天明8年(1788年)に城下士・調所清悦の養子となる。
茶道職として出仕し、寛政10年(1798年)に江戸へ出府し、隠居していた前藩主・島津重豪にその才能を見出されて登用される。
ちなみに養父・清悦は同年11月27日に江戸で死去し、この年に家督相続したものと思われる。
後に藩主・島津斉興に仕え、使番・町奉行などを歴任し、小林郷地頭や鹿屋郷地頭、佐多郷地頭を兼務する。
藩が琉球や清と行っていた密貿易にも携わる。
天保3年(1832年)には家老格に、天保9年(1838年)には家老に出世し、藩の財政・農政・軍制改革に取り組んだ。
弘化3年7月27日には志布志郷地頭となり、死ぬまで兼職する。
当時、薩摩藩の財政は500万両にも及ぶ膨大な借金を抱えて破綻寸前となっており、これに対して広郷は行政改革、農政改革を始め、商人を脅迫して借金を無利子で250年の分割払いにし、さらに琉球を通じて清と密貿易を行なった。