芸能人・経営者のおくやみ情報

片岡七郎(かたおかしちろう)

海軍大将、男爵[日本]

1920年 1月11日 死去享年67歳

片岡七郎 - ウィキペディアより引用

片岡 七郎(かたおか しちろう、嘉永6年12月14日(1854年1月12日) - 大正9年(1920年)1月11日)は日本の海軍軍人。
最終階級は海軍大将。
男爵。
位階は正二位。
薩摩藩士・片岡喜藤太の次男。
少年期のうちに薩英戦争や戊辰戦争が終わっており、西南戦争も兵学寮の生徒だったために参加していない。
まだ兵学寮も制度が固まっておらず、カリキュラムを修了した順に卒業させていた。
日高壮之丞大将と同時に入寮したものの、日高はそのまま兵学寮で練成を終えて第2期卒業を果たし、一方で片岡は、伏見宮兄弟(愛賢王→伏見宮博恭元帥と菊麿王→山階宮菊麿大佐)のドイツ留学に随員として1年半派遣されたため、日高より1期遅い第3期卒業生扱いとなっている。
第3期卒業生16名のうち大将に昇進したのは片岡のみだが、中将2人・少将3人を輩出している。
そのうちの一人、内田正敏中将の姪が片岡の妻である。
伏見宮兄弟随員としてドイツに留学中にヨーロッパ列強の軍事情勢調査を始めるとともに、進んで列強軍人との交流を深めて語学の腕を実地で磨いた。