芸能人・経営者のおくやみ情報

星野仙一 氏(ほしのせんいち)

プロ野球選手、監督[日本]

(中日、阪神、楽天の監督として計4回リーグ優勝)

2018年 1月4日 死去膵臓がん享年72歳

星野仙一 - 元プロ野球選手、監督

星野 仙一(ほしの せんいち、1947年1月22日 - )は、日本のプロ野球選手、監督、野球解説者。
岡山県倉敷市出身。
選手時代のポジションは投手。
2015年より株式会社楽天野球団取締役副会長。
2011年から2014年まで東北楽天ゴールデンイーグルス監督を務めた。
2008年には北京オリンピック野球日本代表の監督も務めた。
プロ入りまで 出生前に他界した父・正田仙蔵が三菱重工業水島工場の工長であり、逝去後も母・星野敏子(両親の姓が違う点については後述)が水島工場の厚生施設「水島クラブ」の管理人の職を斡旋され、同時に仙一を含めた家族全員が水島クラブ内の一室に住まわせてもらうようになった。
その関係で仙一は水島工場内のグラウンドで行われる実業団チーム・三菱重工水島野球部(現在の三菱自動車倉敷オーシャンズ)の練習をちょくちょく見物に訪れ、選手たちからも球拾いを手伝わせてもらったりキャッチボールの相手をしてもらったりして可愛がられた。

ほしの-せんいち 1947-昭和後期-平成時代のプロ野球選手,監督。昭和22年1月21日生まれ。44年中日に入団。投手。49年与那嶺要監督のもとで先発,リリーフに活躍し,優勝に貢献。巨人戦につよく「燃える男」とよばれた。実働14年,通算146勝121敗34セーブ,防御率3.60。62-平成3年中日監督(63年リーグ優勝)。8年からふたたび中日監督(11年リーグ優勝)。14年阪神監督となり,15年リーグ優勝。19年北京五輪野球日本代表監督。22年東北楽天ゴールデンイーグルス監督に就任。25年楽天をリーグ優勝,日本シリーズ優勝に導く。同年正力松太郎賞。岡山県出身。明大卒。 (引用元 コトバンク)