芸能人・経営者のおくやみ情報

市川雄一 氏(いちかわゆういち)

政治家、元公明党書記長[日本]

2017年 12月8日 死去享年83歳

市川 雄一(いちかわ ゆういち、1935年〈昭和10年〉1月25日 - )は、日本の政治家。
公明党特別顧問。
衆議院議員(9期)、公明党国会対策委員長、公明党書記長、新進党政務会長、新進党副党首、公明党副代表、公明党常任顧問などを歴任した。
来歴・人物 創価学会から公明党へ 1935年(昭和10年)1月25日、神奈川県川崎市に生まれる。
1957年3月、早稲田大学第二商学部を卒業。
創価学会参謀室長を務める。
1976年(昭和51年)12月5日、第34回衆議院議員総選挙において旧公明党公認で旧神奈川2区から立候補し、初当選(以後、連続9回当選)。
公明党機関紙局長、公明党副書記長に就任する。
1986年(昭和61年)12月、公明党臨時党大会で、公明党国会対策委員長に就任する。
1988年(昭和63年)、国会で折衝を重ねた竹下内閣官房副長官の小沢一郎と意気投合し、後々まで盟友関係を結んでいく。
1989年(平成元年)5月、公明党委員長の矢野絢也が明電工事件に関係したことにより、公明党執行部は総退陣する。

日本の政治家。元衆議院議員。 1935年(昭和10年)1月25日、生まれ。2017年(平成29年)12月8日、死去。 神奈川県出身。早稲田大学商学部卒業。 1976年(昭和51年)12月5日に第34回衆議院議員総選挙で神奈川2区から公明党公認で立候補し、初当選。以後、連続9回当選した。衆議院議員時代には、公明党書記長や新進党総務会長を歴任した。 小沢一郎が自由民主党幹事長だった時代から親交があり、新生党が結党され、細川護煕政権や羽田孜政権を樹立した時には「一・一ライン」と呼ばれる強い協力関係で内閣の指導的立場となっていた。 公明党から新進党、新党平和を経て、1998年(平成10年)11月の公明党再結成の時には党副代表を務めていた。 2003年(平成15年)10月の衆議院解散時に政界を引退した。 (引用元 Hatena Keyword)

「市川雄一」と関連する人物(故人)