訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

山口昌紀 氏(やまぐちまさのり)

元近畿日本鉄道<現・近鉄グループホールディングス>社長[日本]
(大阪近鉄バファローズ球団をオリックスと合併することを決断)
2017年 12月8日 死去心不全享年82歳
山口 昌紀(やまぐち まさのり、1936年(昭和11年)2月11日 - )は実業家。
近畿日本鉄道(近鉄)・近鉄百貨店・近畿日本ツーリストの代表取締役会長で近鉄の前社長(大阪電気軌道創立から14代目)、大阪商工会議所の常議員である。
来歴・人物 奈良県奈良市生まれ・在住。
奈良女子大付属高校・京都大学法学部を卒業して1958年に近鉄入社。
1991年に取締役に就任(秘書室長)。
以後、1993年に常務、1997年に専務、1999年に辻井昭雄社長就任とともに副社長(経営企画・流通部門担任)となった。
2003年6月の株主総会後の取締役会で、社長に就任した(辻井前社長は会長に就任)。
辻井社長時代に始まった、グループの再建を継承するとともに、赤字のレジャー部門を立て直すため、就任直後に近鉄あやめ池遊園地の閉鎖を決定した。
また、大阪近鉄バファローズの経営再建が難しいと判断し、球団をオリックス・ブルーウェーブと合併することを2004年6月13日に発表し、プロ野球再編の主役となった。

「山口昌紀」と関連する人物(故人)

上山善紀

↑ PAGE TOP