芸能人・経営者のおくやみ情報

クリスティーン・キーラー 氏Christine Keeler

売春婦[イギリス]

(1960年代のスパイ事件「プロヒューモ事件」の当事者女性)

2017年 12月4日 死去享年76歳

クリスティーン・キーラー - 売春婦

クリスティーン・キーラー(Christine Keeler、1942年2月22日 - )は、イギリスのヌードモデルおよび売春婦。
ハロルド・マクミラン政権の陸軍大臣のジョン・プロヒューモとの関係は、冷戦下において「プロヒューモ事件」として公の物となり、政権の交代につながった。
プロフィール 生い立ち キーラーはミドルセックス州アクスブリッジに私生児として生まれ、レイスベリーのバークシャー村で母親と継父によって育てられるものの、異性には好かれたが、同性からは、嫌がらせ等を受けたために、両親の愛情が薄く無関心である事から、家出や売春を公然と繰り返すようになる。
15歳で彼女はロンドンのソーホーにある婦人服店のモデルの職を得て、その後、キャバレーやストリップ劇場のダンサーと職を渡り歩いた。
キャバレーのダンサーだった16歳の当時、レールハム空軍基地に勤務するアメリカ空軍の黒人軍曹「ジム」と関係を持ち息子を出産する。
キーラーはジムがアメリカに帰国した後に妊娠の事実を知った。
編み針を使って堕胎を試みたが失敗し、1959年4月17日に早産したが赤ん坊は6日後に死亡した。

  • 題名
    スキャンダル (角川文庫)
    著者
    クリスティーンキーラー
    発売元
    角川書店
    発売日
    1989-11
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 6 より