芸能人・経営者のおくやみ情報

ヤナ・ノボトナ 氏Jana Novotná

元女子プロテニス選手[チェコ]

2017年 11月19日 死去がん享年50歳

ヤナ・ノボトナ - ウィキペディアより引用

ヤナ・ノボトナ(Jana Novotná, 1968年10月2日 - )は、チェコ・ブルノ出身の元女子プロテニス選手。
1998年のウィンブルドン選手権女子シングルス優勝者である。
サービス・アンド・ボレーのプレースタイルを得意とした選手で、ネット・プレーと片手打ちのバックハンド・スライスも得意であった。
自己最高ランキングはシングルス2位、ダブルス1位。
10代で活躍する早熟選手が多い女子プロテニス界にあって、遅咲きの名選手としても貴重な存在だった。
WTAツアー通算でシングルス24勝、ダブルス76勝を挙げた。
1987年にプロ入り。
1991年の全豪オープンで女子シングルス準優勝。
この時の決勝戦では当時17歳の新星モニカ・セレシュに 7-5, 3-6, 1-6 で逆転負けしている。
それからウィンブルドン選手権で、1993年と1997年の2度準優勝に甘んじた。
とりわけ1993年の決勝戦では、最終第3セットでシュテフィ・グラフを 4-1 まで追い詰めながらも、ここから優勝を意識し始めてプレーが硬くなり、意外なミスを連発してグラフに5ゲームを連取されて大逆転負けを喫した試合が長い間語り草になっていた。

Jana Novotná 元プロテニス選手。 1968年10月2日、生まれ、チェコ・ブルノ出身。 1998年のウィンブルドン選手権女子シングルス優勝。 サービス・アンド・ボレーのプレースタイルを得意とした。 シングルス最高ランキング2位。WTAツアー通算シングルス24勝、ダブルス76勝。 1991年全豪オープンで準優勝。1993年のウィンブルドン決勝戦では、最終第3セットでシュテフィ・グラフを4-1まで追い詰めながらも、凡ミスを連発してグラフに5ゲームを連取されて大逆転負けを喫した。 1997年の同選手権決勝ではマルチナ・ヒンギスで敗れ準優勝。 1998年、ナタリー・トージア?(フランス)にストレート勝利でウィンブルドン初制覇。 ダブルスの名手としても定評があり、すべての4大大会でダブルスのタイトルを獲得。 1989年から1990年には同じチェコスロバキアのヘレナ・スコバ?とペアを組み、1990年のシーズンは4大大会女子ダブルスに3連勝。しかし、全米オープン決勝でジジ・フェルナンデス?とマルチナ・ナブラチロワの組に敗れ、同一ペアによる女子ダブルスの年間グランドスラムを逃した。 1994年から1995年は、アランチャ・サンチェス?(スペイン)がパートナーだった。 1998年にはマルチナ・ヒンギスとペアを組み、全仏オープンから全米オープンまで4大大会女子ダブルス3連勝を達成。*1 1999年の全米オープン3回戦敗退により、この年限りでの現役引退を表明した。 2005年7月9日に国際テニス殿堂入りを果たしている。 2017年11月19日、死去。 * (引用元 Hatena Keyword)

「ヤナ・ノボトナ」と関連する人物(故人)