訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

エルンスト・ルビッチErnst Lubitsch

映画監督、映画プロブューサー[ドイツ→アメリカ]

1947年 11月30日 死去享年56歳

エルンスト・ルビッチ - ウィキペディアより引用
エルンスト・ルビッチ(Ernst Lubitsch, 1892年1月28日 - 1947年11月30日)は、ドイツ出身の映画監督、映画プロデューサー。
バイオグラフィ ベルリン生まれ。
洋服屋を営むアシュケナジムの両親に育てられる。
16歳の時に高校を中退し、人気喜劇俳優ヴィクトル・アルノルドに弟子入りする。
出演のほか、小道具係や照明の助手などもつとめる。
1911年、マックス・ラインハルト率いる劇団に入団。
翌年、ラインハルト監督の映画に出演。
1914年、短編喜劇で、監督デビュー。
1918年、初の長編映画『呪の目』を発表。
1919年、ポーラ・ネグリ主演の『パッション』等の史劇大作も監督。
ドイツで活躍の後、ハリウッド・スターだったメアリー・ピックフォードに認められ、渡米。
1923年、ピックフォードを主演に迎え、映画『ロジタ』を監督。
その後ワーナー・ブラザーズ社と契約し、1924年『結婚哲学』や1925年『当世女大学』などの作品を撮る。
この頃から、人物の位置や視線などの映像表現によって人物の感情を描く、独自の「ルビッチ・タッチ」を確立していく。

「エルンスト・ルビッチ」と関連する人物(故人)