芸能人・経営者のおくやみ情報

津田三蔵(つださんぞう)

警察官[日本]

(ロシア皇太子ニコライ2世に斬りかかる(大津事件))

1891年 9月29日 死去急性肺炎享年37歳

津田三蔵 - ウィキペディアより引用

津田 三蔵(つだ さんぞう、安政元年12月29日(1855年2月15日) - 明治24年(1891年)9月29日)は、明治時代の日本の軍人、警察官。
ロシア帝国皇太子ニコライを切りつけ、負傷させた大津事件を引き起こしたことで知られる。
武蔵国豊島郡下谷(現在の東京都台東区)に津藩藤堂家藩医の次男として生まれた。
後に三重県伊賀上野(現伊賀市)に移住。
明治3年に上京、東京鎮台に入営し、明治5年3月、陸軍名古屋鎮台に転じ、翌明治6年3月、越前護法大一揆鎮圧のため乃木希典少佐の部下として出動した。
同明治6年7月、金沢分営に転属。
明治10年(1877年)の西南戦争勃発時は金沢歩兵第7連隊第1大隊附の伍長であった。
3月11日、第7連隊は高島鞆之助率いる別働第一旅団に編入され、3月20日、西郷軍の背面、日奈久(現八代市)に上陸するが、同月26日、左手に銃創を負い熊本の八代繃帯所に入院。
長崎に移され5月20日に退院後、鹿児島の本隊に復帰し、6月1日より歩兵第1連隊第1大隊長古川氏潔少佐附書記となり、鹿児島、宮崎を転戦。

「津田三蔵」と関連する人物(故人)