芸能人・経営者のおくやみ情報

ハル・アシュビー 氏Hal Ashby

映画監督[アメリカ]

1988年 12月27日 死去享年60歳

ハル・アシュビー(Hal Ashby, 1929年9月2日 - 1988年12月27日 )は、アメリカ合衆国ユタ州出身の映画監督である。
映画編集者として映画界に入り『夜の大捜査線』(1967年)ではアカデミー編集賞を受賞した。
後に監督となり『ハロルドとモード』(1971)、『さらば冬のかもめ』(1973年)、『シャンプー』(1975年)、『帰郷』(1978年)などの作品を監督し、『帰郷』ではアカデミー監督賞にノミネートされた。
カンヌ国際映画祭においてパルム・ドール候補になったことが4回あるが、受賞はしなかった。
キャメロン・クロウ著の「ワイルダーならどうする?」(宮本高晴訳 キネマ旬報社発行 ISBN4873762367)でアメリカン・ニューシネマについてビリー・ワイルダーが言及している。
「私はハル・アシュビーを全面的に支持していた。
もうこの世にはいないがね。
(略)…でも彼は優れた監督だった」 フィルモグラフィ 主な監督作品 真夜中の青春 The Landlord (1971) ハロルドとモード 少年は虹を渡る Harold and Maude (1971) さらば冬のかもめ The Last Detail (1973) シャンプー Shampoo (1975) ウディ・ガスリー/わが心のふるさと Bound for Glory (1976) 帰郷 Coming Home (1978) チャンス Being There (1979) スラッガーズ・ワイフ Second-Hand Hearts (1981) 大狂乱 Lookin' to Get Out (1982) レッツ・スペンド・ザ・ナイト・トゥゲザー Let's Spend the Night Together (1983) Solo Trans (1984) The Slugger's Wife (1985) 800万の死にざま 8 Million Ways to Die (1986) Jake's Journey (1988) (TV) 主な編集作品 シンシナティ・キッド The Cincinnati Kid (1965) アメリカ上陸作戦 The Russians are Coming,The Russians are Coming (1966) 夜の大捜査線 In The Heat of The Night (1967) 華麗なる賭け The Thomas Crown Affair Thomas Crown and Company (1968) 脚注 関連文献 Senses of Cinema: Great Directors Critical Database The Director's Director – discussion by directors Ashby influenced 外部 ……

「ハル・アシュビー」と関連する人物(故人)