芸能人・経営者のおくやみ情報

遠藤賢司 氏(えんどうけんじ)

歌手[日本]

2017年 10月25日 死去享年71歳

遠藤 賢司(えんどう けんじ、1947年1月13日 - )は、茨城県ひたちなか市出身・東京在住のシンガーソングライター・ミュージシャン。
自称「純音楽家」。
愛称は「エンケン」。
主に扱う楽器はアコースティックギター、エレクトリックギター、ブルースハープ。
ほかにも、ウクレレ、ピアノ、ドラムなどの楽器を演奏する。
自身のほぼ全ての楽曲の作詞、作曲も手がける。
「純音楽」をキーワードに活動。
代表曲に、「夜汽車のブルース」「満足できるかな」「カレーライス」「東京ワッショイ」「不滅の男」「夢よ叫べ」などがある。
好きな食べ物はカレーライス。
猫好きで、歌詞中に猫の登場する楽曲も数多い。
来歴と作品 デビュー - 二十代(1970年代中期) 茨城県勝田市(現ひたちなか市)に生まれ、県内各地を転々として育つ。
茨城県立太田第一高等学校卒業後に上京。
東京で浪人生活を送る中で聴いたFENから流れてくるボブ・ディランの「ライク・ア・ローリング・ストーン」に触発され、明治学院大学進学後に自身も歌とギターを始め、1960年代後半のフォークシーンで頭角を現すようになる。

日本のシンガー・ソングライター。1947年1月13日、茨城県生まれ。大学時代にギターの弾き語りを始める。69年に「ほんとだよ/猫が眠ってる」でレコードデビューし、72年に作家・三島由紀夫の割腹自殺と日常の出来事を重ねて歌った「カレーライス」が大ヒットする。フォークソングブームを牽引し、「エンケン」の愛称で親しまれた。2005年には日本武道館における無観客ライブの模様を収録したドキュメンタリー映画「不滅の男エンケン対日本武道館」の監督・主演を務めた。また、浦沢直樹によるマンガ「20世紀少年」の主人公・ケンヂのモデルとされ、09年に同作の実写映画にゲスト出演するなど俳優としても活躍した。16年にがん闘病を公表後も音楽活動を続けていたが、17年10月25日、胃がんのため死去した。享年70。 (2017-10-31) (引用元 コトバンク)