芸能人・経営者のおくやみ情報

オスカー・ウェルナー 氏Oskar Werner

俳優[オーストリア]

1984年 10月23日 死去心臓発作享年63歳

オスカー・ウェルナー - ウィキペディアより引用

オスカー・ウェルナー(Oskar Werner、1922年11月13日 - 1984年10月23日)は、オーストリア出身の映画俳優。
生い立ち ウィーンで生まれたウェルナーは幼少期祖母によって育てられ、その後18歳で舞台監督に誘われ1941年に初舞台を踏んだ。
その直後に独ソ戦へ徴兵されることになったが、ウェルナーは平和主義でナチズムに反対していたため、徴兵検査でわざとひっかかり戦線に行くことを免れ雑用をやることとなった。
キャリア 戦時中に女優のElisabeth Kallinaと密かに結婚し子供を授かったウェルナーは、終戦後にウィーンの森へ家族と共に移り、しばらくしてウィーンに戻り俳優業を再開した。
その後は色白で端整な顔立ちと金色のサラサラ髪を擁して、1960年代のヨーロッパ映画を彩った。
なかでもヌーヴェルヴァーグ到来と共にフランソワ・トリュフォー監督作品にたびたび主演し、異彩を放った。
ジャンヌ・モローと共演した『突然炎のごとく』や、ジュリー・クリスティと共演した異色近未来SF劇『華氏451』が代表作となり、日本でも知られる。

Oskar Werner オーストリア出身の映画俳優。 1922年11月13日、生まれ。1984年10月23日、死去。 (引用元 Hatena Keyword)