訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

貞明皇后 氏(ていめいこうごう)

皇族、大正天皇皇后[日本]

1951年 5月17日 死去狭心症享年68歳

貞明皇后 - ウィキペディアより引用
貞明皇后(ていめいこうごう、1884年(明治17年)6月25日 - 1951年(昭和26年)5月17日)は、大正天皇の皇后。
旧名は、九条 節子(くじょう さだこ)。
生涯 少女時代 1884年(明治17年)6月25日、旧摂家・公爵である九条道孝の四女として、生母・野間幾子の実家である東京神田錦町に生まれた。
道孝は明治4年に正室和子を亡くしており、幾子は道孝の側室だった。
同年7月、東京府東多摩郡高円寺村(現:杉並区)近郊の農家の大河原金蔵・てい夫妻に里子に出され、“九条の黒姫様”と呼ばれるほど逞しく育ったという。
農家の風習のなかで育ち、栗拾いやトンボ捕りをするなど裸足で遊んだ。
彼女が健康であることは、病弱な嘉仁親王(大正天皇)の妃となる大きな決め手にもなったようである。
1888年(明治23年)には赤坂福吉町の九条家に戻る。
1890年(明治23年)9月1日、華族女学校(後の女子学習院)初等小学科に入学し、1893年(明治26年)には高等小学科に進学する。