訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

徳川忠長(とくがわただなが)

大名、駿府城主[日本]
(寛永10年12月6日没)
1634年 1月5日 死去自刃享年28歳
徳川忠長 - ウィキペディアより引用
徳川 忠長(とくがわ ただなが)は、江戸時代前期の大名。
極位極官が従二位大納言で、領地が主に駿河国だったことから、通称は駿河大納言(するがだいなごん)。
徳川家康の孫にあたる。
生涯 慶長11年(1606年)、江戸幕府第2代将軍徳川秀忠の三男として江戸城西の丸にて生まれる。
幼名は国千代(国松)。
誕生日は5月7日説、6月1日説、12月3日説 など諸説がある。
5月7日は異母弟保科正之の、12月3日は異母兄長丸の誕生日が誤伝したと考えられ、また曲直瀬玄朔の『医学天正記』には6月1日生まれの「大樹若君様」(将軍の若君)への診療記録があることから6月1日説が有力と考えられており、『大日本史料』では諸説を紹介しつつ6月1日生まれとして章立てしている。
乳母として朝倉局(土井利勝妹、朝倉宣正妻)が附けられたという。
父の秀忠や母の江は、病弱で吃音があった兄・竹千代(家光)よりも容姿端麗・才気煥発な国千代(国松)を寵愛していたといい、それらに起因する竹千代擁立派と国千代擁立派による次期将軍の座を巡る争いがあったという。
題名
<徳川家と江戸時代>徳川家を二分した悲劇 家光と忠長の兄弟対立 (歴史群像デジタルアーカイブス)
著者
宮本義己
発売元
学研プラス
発売日
2015-02-25
新品価格
より
中古商品
より
題名
江戸人物伝 徳川家光 (コミック版 日本の歴史)
著者
すぎたとおる
発売元
ポプラ社
発売日
2011-12-15
新品価格
¥ 1,080 より
中古商品
¥ 761 より
題名
家光と二人の弟―三代将軍徳川家光、駿河大納言忠長、保科正之
著者
森谷宜暉
発売元
高文堂出版社
発売日
2001-09
新品価格
¥ 5,000 より
中古商品
¥ 4,500 より
題名
<徳川家と江戸時代>お江の心痛 秀忠の配慮 家康の忠告 (歴史群像デジタルアーカイブス)
著者
宮本義己
発売元
学研プラス
発売日
2015-02-25
新品価格
より
中古商品
より
題名
歴史と旅 臨時増刊 信長・秀吉・家康の一族総覧 1994年5月5日
著者
発売元
秋田書店
発売日
1994
新品価格
より
中古商品
¥ 487 より

↑ PAGE TOP