芸能人・経営者のおくやみ情報

阿部進 氏(あべすすむ)

教育評論家[日本]

2017年 8月10日 死去胃がん享年88歳

阿部 進(あべ すすむ、1930年6月11日 - )は、教育評論家。
神奈川県川崎市出身。
神奈川県立神奈川工業高等学校(機械科)・横浜国立大学学芸学部特殊教員養成課程卒。
川崎市内で小学校教諭を務めたあと、1964年(昭和39年)に教職を退き、創造教育センターを設立し野生学園を主宰。
1980年(昭和55年)には児童文化の活性化を目標に劇団はかせを主宰。
麻布科学実験教室を創設。
評論家の道へ進む。
「カバゴン」を自称し、高度経済成長期から現在まで精力的に教育活動をさかんにおこなっている。
現在でも使われる「現代っ子」は、1962年の阿部の造語。
「カバゴン」は、『日清ちびっこのどじまん』に出演した際に、番組での視聴者からの公募の結果選ばれたものである。
投票結果の1位は「ブタゴン」だったが、ブタはエースコックを連想させるため、同番組のスポンサーである日清食品に配慮し、2位だった「カバゴン」に決定した。
また番組内では、「怪獣カバゴン」という持ち歌があった。
1970年代には漫画雑誌週刊少年ジャンプにコラムを連載し、当時、同誌に連載され、PTAから厳しく糾弾された漫画『ハレンチ学園』を擁護した。

あべ-すすむ 1930-昭和後期-平成時代の教育者,評論家。昭和5年6月11日生まれ。昭和28年川崎市の住吉小学校教師となる。36年「現代子ども気質」をあらわし,「現代っ子」論を展開。39年現代子どもセンターを設立し,児童文化の研究をすすめるかたわらマスコミでの活動をつづける。52年富士山麓に野生学園を設立。東京出身。横浜国大卒。著作に「3歳までに決まる」「血液型気質別教育法」など。 (引用元 コトバンク)

「阿部進」と関連する人物(故人)