訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

土方歳三(ひじかたとしぞう)

新撰組副長、幕臣、蝦夷共和国陸軍奉行並[日本]

(明治2年5月11日没)

1869年 6月20日 死去戦死享年35歳

土方歳三 - ウィキペディアより引用
土方 歳三(ひじかた としぞう)は、幕末期の幕臣、新選組副長。
諱は義豊、雅号は豊玉、家紋は左三つ巴。
新選組時代には、局長・近藤勇の右腕として数々の事件で武名を顕し、また隊内に峻厳な規律を実施して鬼の副長と称され、剣豪揃いの隊士たちに恐れられた。
戊辰戦争では旧幕軍側指揮官の一人として各地を転戦し、またいわゆる「蝦夷共和国」では軍事治安部門の責任者に任ぜられて軍才を揮った。
明治2年5月11日、戊辰戦争の最後の戦場になった箱館五稜郭防衛戦で、狙撃を受け戦死。
享年35歳。
生涯 多摩・試衛館 天保6年(1835年)5月5日、武蔵国多摩郡石田(いしだ)村(現在の東京都日野市石田)に農家の土方隼人(義諄)と恵津の間に生まれる。
10人兄弟の末っ子であった。
土方家は「お大尽(だいじん)」とよばれる多摩の豪農であったが、父は歳三の生まれる3ヶ月前の2月5日に結核で亡くなっており、母も歳三が6歳のときの天保11年(1840年)に結核で亡くなっている。