芸能人・経営者のおくやみ情報

永射保 氏(ながいたもつ)

プロ野球選手[日本]

2017年 6月24日 死去がん享年65歳

永射 保(ながい たもつ、1953年10月3日 - )は、鹿児島県出身の元プロ野球選手(投手)。
来歴・人物 指宿商では1971年、夏の甲子園県予選準々決勝に進出するが、定岡智秋のいた鹿児島実に敗退。
この予選の2回戦では鹿屋工を相手にノーヒットノーランを記録している。
同年のドラフト3位で広島東洋カープに入団。
外木場義郎のボールを見てレベルの高さを痛感、1973年5月には初先発の機会も与えられたが、広島では1勝も挙げられなかった。
その当時安田猛が遅いボールで王貞治をキリキリ舞いさせるのを見て遅いボールで生きて行こうと決意する。
2年目のオフ、別当薫監督と長谷川良平コーチと相談し腕を下げたのが変則フォームの始まりだったという。
1974年に乗替寿好との交換トレードで太平洋クラブライオンズに移籍。
中継ぎとして起用されたが結果を出せず苦しむ。
山田久志のフォームを研究、踏み込む足をインステップにして、ワンテンポタイミングを遅らせるフォーム改造に4年を掛けて成功。

1970〜1980年代のプロ野球選手。通称「左殺し」。 左投左打、ポジションは投手。背番号は20→31→13→31番。 1953年10月3日、生まれ。鹿児島県出身。 1972年、指宿市立指宿商業高等学校からドラフト3位で広島東洋カープに入団。 1974年、乗替寿好との交換トレードで太平洋クラブライオンズに移籍。リリーフ投手として一軍に定着し活躍。ワンポイント投手の走りとして、左打者に対し得意としていた。 1979年より、3年連続でパ・リーグ最多登板を記録。 1980年代の西武ライオンズの黄金時代に大きく貢献。日本シリーズにも4度出場し、1982、1983、1986年と3度の日本一に貢献。サイドハンド(スリークォーター)の元祖として、印象に残る。 また、蘭の栽培を趣味としていた。 1987年、広瀬新太郎との2対1の交換トレードで、片平晋作と共に横浜大洋ホエールズに移籍。 1989年、無償トレードで福岡ダイエーホークスに移籍。ホークスでもワンポイント投手として活躍。歴代3位となる566試合のリリーフ登板を記録した。 1990年、現役引退。 1991年、スカウトに就任。 1993年、退団。 久留米市内で飲食店を経営。マスターズリーグ・福岡ドンタクズの選手としても活躍していた。 2017年6月24日、死去。 (引用元 Hatena Keyword)

「永射保」と関連する人物(故人)