芸能人・経営者のおくやみ情報

関沢新一 氏(せきざわしんいち)

脚本家作詞家写真家[日本]

1992年 11月19日 死去享年73歳

関沢 新一(せきざわ しんいち、1920年6月2日 - 1992年11月19日)は、日本の脚本家、作詞家、写真家。
人物・来歴 京都府出身。
脚本家として東宝の娯楽映画を多数執筆。
『モスラ』『キングコング対ゴジラ』などの特撮もの、『暗黒街の対決』『独立愚連隊西へ』『国際秘密警察 火薬の樽』などのアクションもので、軽快なテンポと洒落た台詞回しを活かした作品を世に出した。
テンポのよい掛け合いのような台詞回しは、「もともと関西出身ということもあり、漫才が根底になっている」と自ら述べている。
東宝専属であったが、「動画映画のホンを書きたい」と会社側に熱望し、東映動画で2本の脚本を執筆している。
ゴジラ映画の脚本執筆は『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』までであるが、その後もプロットを提供し、「東宝チャンピオンまつり」を支えた。
作詞家としても著名であり、第7回日本レコード大賞(昭和40年)を受賞した美空ひばりの「柔」、ミリオンセラーを記録した都はるみの「涙の連絡船」など、今なお語り継がれているものも多い。

脚本家、映画監督。作詞家。 1920年(大正9年)6月2日、生まれ。1992年(平成4年)11月19日、死去。 京都府出身。 歌謡曲の作詞を手がけた。 鉄道ファン(蒸気機関車ファン)としても知られ、写真集を出版した。 1990年(平成2年)、紫綬褒章を受章。 (引用元 Hatena Keyword)