訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ピウス10世Pius X

ローマ教皇[イタリア]

1914年 8月20日 死去享年80歳

ピウス10世 - ウィキペディアより引用
『ピウス10世 (ローマ教皇)』より : ピウス10世(Pius PP. X、1835年6月2日 - 1914年8月20日)はローマ教皇(在位:1903年8月4日 - 1914年8月20日)、カトリック教会の司祭。
本名、ジュゼッペ・メルキオッレ・サルト(Giuseppe Melchiorre Sarto)。
カトリック教会の聖人であり、16世紀のピウス5世以来、400年ぶりに教皇として列聖された人物である。
生涯 ジュゼッペ・サルトは1835年にヴェネツィアに近いリエーゼで農家の息子として生まれた。
父は配達の仕事をしていた郵便局員。
パドヴァとトレヴィーゾの神学校で学び、1858年に司祭に叙階されるとトマス・アクィナスと教会法を学んだ。
マントヴァの司教を経て、1896年に枢機卿としてヴェネツィアの大司教に任命された。
しかし、当時は教会とイタリア王国が対立状態にあり、司教の任命をめぐっても、両者が対立することが多かった。
サルトの大司教任命をめぐってもイタリア王国からのクレームがついたが、なんとか問題を解決することができた。

↑ PAGE TOP