芸能人・経営者のおくやみ情報

ギルバート・キース・チェスタートンGilbert Keith Chesterton

作家詩人[イギリス]

1936年 6月14日 死去享年63歳

ギルバート・キース・チェスタートン - ウィキペディアより引用

『ギルバート・ケイス・チェスタートン』より : ギルバート・キース・チェスタトン(英: Gilbert Keith Chesterton、1874年5月29日 - 1936年6月14日)はイギリスの作家・批評家。
ディテクションクラブ初代会長。
通常 Keith の発音はケイスではなくてキース。

1874年、ロンドン・ケンジントンに生まれる。
セント・ポール校、ついでスレイド美術学校に学ぶ。
詩人、随筆家、批評家、作家として活躍している。
推理作家としても有名で、カトリック教会に属するブラウン神父が遭遇した事件を解明するシリーズが探偵小説の古典として知られている。
ボーア戦争勃発に際しては反イギリス側の論客として頭角をあらわし、自由主義派の有力な論客としてイギリスの政治・社会を糾弾批判している。
1922年にイングランド国教会からカトリックに改宗。
改宗後はキリスト教的歴史観から批評活動をおこなう。
後期ヴィクトリア朝時代の物質主義・機械万能主義からくる自己満足(虚栄心)に対し鋭い批判を加えた。
得意の警句と逆説を駆使したその文芸批評、文明批評は鋭利で、資本主義・社会主義双方を排撃し、配分主義を提唱した。