訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ロバート・W・チェンバースRobert W. Chambers

ホラー作家[アメリカ]

1933年 12月16日 死去享年69歳

ロバート・W・チェンバース(Robert W. Chambers,1865年5月26日 - 1933年12月16日)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ブルックリン生まれのホラー小説家、大衆小説家。
マサチューセッツ州ロードアイランドの創設者であるロジャー・ウィリアムズの直系の子孫。
画家、イラストレータとして『ライフ』誌や『ヴォーグ』誌のイラストを描いていたが、作家に転身し、1864年に「In the Quarter」で小説家としてデビュー。
ホラーのほか、ファンタジーや歴史小説、女性向けの恋愛小説など大衆小説を多数執筆。
存命中に「アメリカ」(America、1924、監督:D・W・グリフィス)など14本の作品が映画化された。
有名な著作に、クトゥルフ神話の一編にも数えられる短編『黄の印』(The Yellow Sign)がある。
短編集のタイトルにもなった「黄衣の王」(The King in Yellow)は、読んだ者に狂気と死をもたらすという架空の戯曲で、ハワード・フィリップス・ラヴクラフトが魔道書ネクロノミコンを創造する際の着想の元になったとされる。
題名
使者
著者
ロバート・W・チェンバース
発売元
BOOKS桜鈴堂
発売日
2013-05-27
新品価格
より
中古商品
より

↑ PAGE TOP