芸能人・経営者のおくやみ情報

岡潤一郎 氏(おかじゅんいちろう)

JRA競馬騎手[日本]

1993年 2月16日 死去落馬事故による脳挫傷、肺炎享年24歳

岡 潤一郎(おか じゅんいちろう、1968年12月7日 - 1993年2月16日)は日本中央競馬会の元騎手。
北海道様似郡様似町出身。
愛称は「ジュンペー」。
北海道浦河高等学校を中途退学後に競馬学校に入学。
1988年に栗東トレーニングセンターの安藤正敏厩舎所属の騎手としてデビュー。
3月5日の阪神競馬第2競走のダイタクゲニーで初騎乗(7着)。
3月20日の阪神競馬第12競走のトーヨーシンゲキで初勝利(17戦目)。
同年に44勝を挙げJRA賞最優秀新人賞を獲得した。
翌1989年も46勝を挙げるなど活躍。
この年の6月18日の札幌競馬で5連続騎乗勝利を挙げた。
これは2005年11月5日に横山典弘が6連続騎乗勝利を挙げるまでJRA記録として残っていた。
1990年、ユートジョージに騎乗したNHK杯で初重賞制覇。
また同年の宝塚記念ではオグリキャップに騎乗したが2着。
翌1991年リンデンリリーでエリザベス女王杯を制し初めてのGIタイトルを獲得。
しかしゴール入線後に馬が故障し、愛馬のいない中での表彰式となった。
また、結果的にはこれが生涯唯一のGI勝利ともなってしまった。

元JRA騎手。栗東トレーニングセンター所属。 故人。 1968年12月7日生まれ。1988年に安藤正敏厩舎からデビューし初騎乗。その年44勝でJRA賞最多勝利新人騎手。1989年6月16日の札幌競馬第4〜8レースで史上初の5連続騎乗5連勝を達成(後に武豊がタイ記録、2005年には横山典弘が6連勝で記録を更新)。1990年の宝塚記念ではオグリキャップに騎乗し2着。1991年リンデンリリーでエリザベス女王杯に優勝した。 デビュー以来コンスタントに勝ち鞍を延ばしていた矢先、1993年1月30日の京都競馬場第7レースで落馬。頭蓋骨骨折と脳挫傷を負い17日後の2月16日に永眠した。享年24歳。JRA通算225勝。うち重賞5勝。 (引用元 Hatena Keyword)

「岡潤一郎」と関連する人物(故人)