芸能人・経営者のおくやみ情報

湯木貞一 氏(ゆきていいち)

料亭「吉兆」創業者[日本]

1997年 4月7日 死去享年97歳

湯木 貞一(ゆき ていいち、1901年(明治34年)5月26日 - 1997年(平成9年)4月7日)は、日本料理の名料亭「吉兆」の創業者。
日本文化に対する高い見識を料理に取り入れ、日本料理界の地位向上に貢献し、料理業者として史上初めて文化功労者となった。
1901年、神戸市花隈(現・中央区花隈)の鰻料亭「中現長」(現存せず)の跡取り息子として誕生。
湯木家は元広島藩士。
明治維新で祖父が武士を廃業しかき船を始めて関西に移住。
父がかき船を嫌って始めた料亭の跡を16歳で嗣ぎ、父の下で板前の修行を始める。
24歳の時、松平不昧著『茶会記』を読み、茶道に目覚め、茶懐石を料理に取り入れ、料理の品格を高めたいという志を立てる。
しかし、貞一の目指す料理と実家の料理とは路線に異なりがあったことなどから次第に確執が深まり、30歳の時に家出同然で独立、大阪市新町(現西区新町)にカウンターのみの割烹料理屋「御鯛茶処 吉兆」を開いた。

ゆき-ていいち 1901-1997昭和-平成時代の料理人。明治34年5月26日生まれ。実家の料亭で修業し,昭和5年大阪で日本料理店吉兆を開店する。東京,京都などにも出店。茶道に通じ,収集した茶懐石道具などを湯木美術館で公開。63年文化功労者。平成9年4月7日死去。95歳。兵庫県出身。著作に「吉兆味ばなし」「料理花伝書」など。【格言など】料理は整理,手順ですね。一つ仕事をしたら,一つけりをつける(「吉兆味ばなし」) (引用元 コトバンク)

「湯木貞一」と関連する人物(故人)