芸能人・経営者のおくやみ情報

谷川徹三 氏(たにかわてつぞう)

哲学者[日本]

1989年 9月27日 死去虚血性心不全享年95歳

谷川徹三 - ウィキペディアより引用

谷川 徹三(たにかわ てつぞう、1895年5月26日 - 1989年9月27日)は、日本の哲学者、法政大学総長などを歴任。
愛知県知多郡常滑町(のち常滑市保示町)生まれ。
京都帝国大学哲学科卒業。
日本芸術院会員。
常滑市名誉市民。
ジンメル、カントの翻訳や、文芸、美術、宗教、思想などの幅広い評論活動を行った。
詩人の谷川俊太郎は長男。
林達夫、三木清とは同期の友人。
人物・生涯 1895年5月26日、愛知県知多郡常滑町に生まれた。
旧制愛知県立第五中学校(のち愛知県立瑞陵高等学校)卒業。
1913年、第一高等学校(のち東京大学教養学部)に入り、在学中は真宗大谷派僧侶の近角常観が主宰していた求道学舎に寄宿する。
西田幾多郎に影響され1918年、京都帝国大学哲学科へ入学師事。
1922年に卒業し、同志社大学講師などを経て1928年に法政大学文学部哲学科教授となる。
その後文学部長、能楽研究所長を経て、1963年に法政大学総長に選出。
1965年まで務めた。
大学で同僚だった野上豊一郎、弥生子夫妻とは深い交流が続いた。
論壇には1929年に「改造」に発表した論文で登場。

1895〜1989 哲学者 評論家 愛知県常滑市生まれ。第一高等学校を経て、1922年に京都大学哲学科を卒業。同志社、龍谷、法政の各大学で教鞭をとり、法政大学の総長をつとめる。その後、国立博物館次長ほか文教方面の諸委員会に関係。 ヒューマニストとして広い知識と穏やかな意見を持ち、哲学と文学、芸術の接点を求めて文芸評論、文明批判に独自の領域を開きなど数多くの著作を発表。また、宮沢賢治の世界を広く紹介した事でも知られる。 戦後は世界連邦運動に共鳴、理論の研究・啓蒙に活動したが、1989年9月27日虚血性心不全のため、明治・大正・昭和・平成の4代にわたっての長い研究生活に終止符をうった。 主な著作「生活・哲学・芸術」「日本人のこころ」「東洋と西洋」「茶と美学」「生の哲学」「芸術の運命」「人間であること」。 (引用元 Hatena Keyword)