芸能人・経営者のおくやみ情報

土門正夫 氏(どもんまさお)

アナウンサー、スポーツ評論家[日本]

2017年 5月2日 死去肺気腫享年88歳

土門 正夫(どもん まさお、1930年3月24日 - )は、元NHKアナウンサー。
現在はフリーアナウンサーやスポーツコメンテーターとして活動中。
神奈川県横浜市生まれ。
1951年日本大学専門部を卒業しNHKに入局。
広島局、大阪局を経てから東京アナウンス室で勤務。
主にスポーツ中継の実況を担当。
1960年のローマオリンピックから、1984年のロサンゼルスオリンピックまで、合計7回の夏季オリンピック放送を担当した。
オリンピック中継では特にバレーボールの中継担当者として知られ、1964年の東京オリンピックでは女子バレーボール決勝の日本の旗 日本×ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦戦のラジオ実況中継アナウンス、1972年のミュンヘンオリンピックでは男子バレーボールの準決勝の日本の旗 日本×ブルガリアの旗 ブルガリア、決勝戦の日本の旗 日本×東ドイツの旗 東ドイツの2試合のテレビ実況中継アナウンスを担当、日本バレーボール史上に残る名勝負となった3試合の実況を担当したことで、日本のスポーツファンにその名を印象づけた。

元NHKアナウンサー。 1930年(昭和5年)3月24日、死去。2017年(平成29年)5月2日、死去。 神奈川県出身。 (引用元 Hatena Keyword)

「土門正夫」と関連する人物(故人)