訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

フェリペ3世Felipe III

スペイン国王[スペイン]

1621年 3月31日 死去享年44歳

フェリペ3世 - ウィキペディアより引用
フェリペ3世(Felipe III, 1578年4月14日 - 1621年3月31日)は、スペイン、ナポリ・シチリア、ポルトガルの王(在位:1598年 - 1621年)。
フェリペ2世と最後の妻である神聖ローマ皇帝マクシミリアン2世の娘アナとの間に生まれた末子である。
ポルトガル王としてはフィリペ2世。
祖父カルロス1世(神聖ローマ皇帝カール5世)は世界最大の植民地帝国を築いた人物、父フェリペ2世はスペイン帝国に黄金時代をもたらした人物である。
生まれつき病弱であったため、年老いてゆく父は息子の将来に不安を抱いた。
「怠惰王」と呼ばれたフェリペ3世の23年に及ぶ治世を取り仕切ったのは、首席大臣のレルマ公爵あるいはウセダ公爵であったが、彼らはこの大帝国の国政を担うにはいささか力不足であり、フェリペ2世が残した世界帝国は衰退への道を歩み始めることとなる。