訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

リチャード・トレビシックRichard Trevithick

機械技術者、蒸気機関車を発明[イギリス]

1833年 4月22日 死去享年63歳

リチャード・トレビシック - ウィキペディアより引用
リチャード・トレビシック(Richard Trevithick、1771年4月13日 - 1833年4月22日)はイギリスの機械技術者で、蒸気機関車の発明者。
一般にはジョージ・スチーブンソンが発明者と思われているが、後述するようにトレビシックが実際の発明者である。
コーンウォールの鉱山町出身で、若いころから鉱山と技術に熱中。
鉱山の親方の息子で、学校での成績はよくなかったが、鉄道の歴史に先駆者として名を刻んだ。
最大の貢献は世界初の高圧蒸気機関を開発したことで、さらに人間が乗れる大きさの世界初の蒸気機関車を開発した。
初の軌道上を走る蒸気機関車を製作し、1804年2月21日、ウェールズのマーサー・ティドビルにあるペナダレン製鉄所で初走行させた。
その後海外に関心を向け、ペルーで鉱山のコンサルタントを務め、コスタリカの一部を探検。
浮き沈みの激しい人生で、破産したこともあり、同時代の鉱山技師や蒸気機関技師との対抗関係に苦しんだ。
全盛期には鉱山技師として尊敬され有名になったが、晩年は不遇だった。
今日では、鉱業界、工学界、鉄道業界でその功績がよく知られている。

↑ PAGE TOP