訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

近衛十四郎 氏(このえじゅうしろう)

俳優[日本]

1977年 5月24日 死去享年64歳

近衛 十四郎(このえ じゅうしろう、1914年4月10日 - 1977年5月24日)は、戦前から戦後にかけて活躍した時代劇俳優。
本名、目黒 寅彦(出生名、寅一から改名)。
新潟県長岡市出身。
来歴・人物 戦前・戦中 新潟県長岡市西新町で、父・目黒多七、母・ミカの長男として生まれる(姉と妹に挟まれた長男だが、実の長男は早世しており正確には次男)。
幼少の頃に両親と死別した。
工業学校卒業後、鉄道建設事務所に勤めていたが、映画俳優を目指し、市川右太衛門プロダクションに研究生として入団する。
最初の芸名は長岡 秀樹だった。
その後、役者の腕ではなく野球の巧さ(ショートの守備は映画界でも白眉だったという)を買われて日活に引き抜かれるが、専ら「鉄棒組(大勢で「御用!御用!」と連呼する「捕り手」集団の一人)」に甘んじていた。
1934年、長岡が20歳のとき、右太衛門プロから独立し枚方市に映画製作会社「亜細亜映画」を設立したばかりだった映画監督白井戦太郎に見出され、白井の勧めで近衛 十四郎と改名。