芸能人・経営者のおくやみ情報

淀川長治 氏(よどがわながはる)

映画評論家[日本]

1998年 11月11日 死去享年90歳

淀川長治 - ウィキペディアより引用

淀川 長治(よどがわ ながはる、1909年(明治42年)4月10日 - 1998年(平成10年)11月11日)は、日本の雑誌編集者、映画解説者、映画評論家。
約32年にわたって「日曜洋画劇場」の解説を務め、ヨドチョーさん、ヨドさんの愛称のほか、その独特の語り口からサヨナラおじさんとして親しまれた。
プロフィール 少年時代 兵庫県神戸市にて芸者置屋の跡取り息子として父・又七、母・りゅうのもとに生まれる。
実母は、父の本妻の姪にあたった。
長く病身で、自分に子ができないことを悔いた本妻が、妾として姪を夫に推薦したのだった。
本妻は、生まれてまもない淀川を病床で抱かせてもらい、安心したように数日後に永眠。
実母がその後、本妻になった。
姉が二人と、弟が三人いる。
映画館の株主だった親の影響で子供の頃から映画に精通。
母・りゅうは湊川の活動写真館で喜劇映画を見ていたときに産気づいたという。
旧制の兵庫県立第三神戸中学校(現兵庫県立長田高等学校)を卒業後、日本大学法文学部美学科予科に籍を置くが出席せずに中退。

よどがわ-ながはる 1909-1998昭和後期-平成時代の映画評論家。明治42年4月10日生まれ。映画雑誌の編集部員,洋画配給会社の宣伝部長をへて昭和23年「映画之友」編集長となる。のちフリーとして活躍。テレビ「日曜洋画劇場」の解説者として出演,映画への愛を独特の口調でかたり人気をあつめた。平成10年11月11日死去。89歳。兵庫県出身。第三神戸中学卒。著作に「映画散策」「映画千夜一夜」など。 (引用元 コトバンク)