訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

西竹一

陸軍大佐、男爵[日本]

(ロサンゼルス五輪馬術金メダリスト、「バロン西」)

1945年 3月22日 死去戦死享年42歳

西竹一 - ウィキペディアより引用
西 竹一(にし たけいち、1902年7月12日 - 1945年3月22日)は、日本の陸軍軍人、華族(男爵)。
最終階級は陸軍大佐。
愛称・通称はバロン西(バロン・ニシ、Baron Nishi)。
1932年 ロサンゼルスオリンピック馬術障害飛越競技の金メダリスト。
帝国陸軍の騎兵将校として騎兵畑を歩んでいたが、のちには戦車兵に転科し戦車第26連隊の連隊長として第二次世界大戦に従軍、硫黄島の戦いで戦死した。
生い立ち 男爵・西徳二郎の三男として東京市麻布区麻布笄町(現在の港区西麻布。
住居は麻布桜田町付近)にて生まれた(本妻・後妻の間に生まれた長男・次男は幼少時に死去)。
母は正妻ではなく、生後すぐに家を出された。
父・徳二郎は外務大臣や枢密顧問官などを歴任し、駐清公使時代には義和団の乱処理に当たった人物であった。
また、義和団の乱の処理の際、西太后から信頼を厚くされ中国茶の専売権を与えられ巨万の富を手にしたといわれている。
1912年(明治45年)には徳二郎が死去し、同年3月30日、その跡を継ぎ当主として男爵となる。