芸能人・経営者のおくやみ情報

白川静 氏(しらかわしずか)

文学者、東洋学者[日本]

2006年 10月30日 死去多臓器不全享年97歳

白川静 - ウィキペディアより引用

白川 静(しらかわ しずか、1910年4月9日 - 2006年10月30日)は、日本の漢文学者・東洋学者。
学位は文学博士(京都大学)。
立命館大学名誉教授、名誉館友。
福井県福井市出身。
1923年、順化尋常小学校を卒業後、弁護士廣瀬徳蔵(大阪府会議員を経て立憲民政党代議士)の事務所に住み込み勤務し、成器商業夜間部(現大阪学芸高等学校)に通う。
この時期に廣瀬の蔵書を読み漁り漢籍に親しみ独学していった。
1930年京阪商業卒業。
立命館大学専門部国漢科(夜間)を1936年に卒業、在学中より立命館中学校教諭に、1941年に立命館大学法文学部漢文学科に入学。
同大学予科・専門学部教授となる。
1954年より立命館大学文学部教授を務めた。
1976年に66歳で定年退職、特別任用教授になる。
1981年には名誉教授の称号を受けている。
晩年に自らの著作料の一部を大学に寄贈し、記念文字文化研究所が設立された(没時まで所長兼理事長)。
1962年、博士論文「興の研究」により文学博士号を取得(京都大学)。
古代漢字研究の第一人者として知られ、字書三部作『字統』[1984年、各.平凡社)、『字訓』(1987年)、『字通』(1996年)は、白川のライフワークの成果である。

  • 題名
    白川静と漢字 [DVD]
    監督
    出演俳優
      発売元
      ビデオメーカー
      発売日
      2004年12月07日
      新品価格
      より
      中古商品
      ¥ 4,326 より

    しらかわしずか [生]1910.4.9.福井,福井[没]2006.10.30.京都,京都中国学者。中国古代社会・中国古代文学を漢字の語源研究を通じて民俗学的に明らかにし,同時に日本古代文学との優れた比較研究を行なった。1943年立命館大学法文学部漢文学科を卒業,1954年同大学文学部教授,1981年同大学名誉教授。1962年文学博士号取得。2005年に私財を提供し,立命館大学に白川静記念東洋文字文化研究所が設立された。殷時代,周時代の甲骨文字・金石文の体系的研究を行ない,その業績は『白川静著作集』(全12巻)や,独創的基本文字研究として金石文に詳細な注解を加えた『白川静著作集』別巻「金文通釈」(全7巻),漢字の原義を字形的に体系化し,甲骨文字・金石文など草創期の漢字成立における宗教的・呪術的背景を字形分析から明らかにした『白川静著作集』別巻「説文新義」(全8巻)に結実した。「説文新義」は,1世紀以来,中国文字学における基本書であった許慎の『説文解字』の文字解釈を根底から覆す画期的著述である。ほかに,漢字の成立を示す『字統』,日本語の訓を説く『字訓』,書き下し文にした用例をあげる熟語を収めた漢和辞典の『字通』の三部作字書などがある。1984年毎日出版文化賞特別賞,1991年菊池寛賞など受賞多数。1998年文化功労者に選ばれ,2004年文化勲章を受章した。(→干禄字書) (引用元 コトバンク)