訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

シャルル・ボードレールCharles-Pierre Baudelaire

詩人[フランス]

1867年 8月31日 死去享年47歳

シャルル・ボードレール - ウィキペディアより引用
シャルル=ピエール・ボードレール(フランス語: Charles-Pierre Baudelaire(発音例)、1821年4月9日 - 1867年8月31日)は、フランスの詩人、評論家である。
生涯 ジョセフ・フランソワ・ボードレールの息子としてパリに生まれる。
ジョセフはパリ大学で哲学と神学を学んだ司祭であったが、後に職を辞し、芸術家らと交わるなど、芸術に深い関心を持っていたという。
第一帝政下で上院議員の議長を務めるなどした人物でもあった。
晩婚のジョゼフはボードレールが6歳のときに亡くなり、その1年半後、まだ若く美しい母カロリーヌは、将来有望な軍人オーピックと再婚する。
ボードレールは母の再婚に深く傷つき、生涯エディプス・コンプレックスというべき鬱屈とした感情を抱えることになる。
もっとも、ボードレールは高校まで、養父の望みに適う優等生として努力していたという。
実際、彼が通ったリヨンのルイ・ル・グラン高校は、エコール・ノルマル・シュペリウールの合格者を多く出しており、いわゆるエリート高校であった。